流れを読んで勝負の押し引きをしてみよう!
〜バカラ編 PART 2〜

今回は、実際にカジノマスターがディーラーを相手に
プレイし、流れの読み方について、解説をしてくれます!

さて、今度は200ドルにしたいということで、
バンカーに倍賭けます。
倍取り返したいということで、倍賭けました!
そして、勝つことができました。

順番に勝ちが出ることをテンコシャンコと言いますが、
次はプレーヤーじゃないかということで賭けますが、
賭け金が減ってきたために、賭け金を上げて、
取り返すことを意識します!

次は流れを守ったまま、バンカーに賭けます。
そして、流れにハマりました!

プレーヤーで、大きく勝負に出ましたが、
残念ながら負けました。
しかしながら、やはり勝負どころで勝負をしなければ
大きく勝てないので、こういう判断も必要です。

また、1から進めます。今度はバンカーが伸び始めました。
ここは見逃さず、次はバンカーに賭けます。
ギリギリでしたが、バンカーに流れが残っていたため、
勝ちました!

さらに5回目も伸びると読み、バンカーに賭けます。
ここは6と6で並び、3枚目はプレーヤーにのみ
配られるため、残念ながら負けました。

流れはまたプレーヤーなので、プレーヤーに賭けます。
・・・しかし、バンカーが勝ちました。

判断に悩んだ時は、ゲームを休むことも効果的です!
クールダウンですね。

さて、今度はバンカーに賭けてやってみたいと思います。
・・・残念ですが、最後はプレーヤーが勝ちました。

結果的には150ドルありましたが、負けてしまいました。
今回は一度200ドルまで上がりましたが、
全体としては負けてしまいました。
しかし、それでも、やはり勝負する時はする!
という押し引きが重要になるので、みなさんも
積極的に勝負をしていってください!!

今回は、勝負には見極めが重要ということがわかりました!
少しのリスクがあっても、ガッツリ勝つためには、
押す時は押す!という潔さも肝心ですね!

Casilla.jpでは会員限定の特典案内や特別オファーなど、
お得な情報満載のニュースレターをお届けしています。

登録はこちらから!

  • メルマガに登録して、カジラの最新情報をいち早くゲットしよう!
  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.